Wilson BLX / 厳選おすすめラケット

Wilson ncodeWilson K Factorも、4年も経過すると古くなりました。

最近使用中のラケット変遷は、

  1. ウィルソン(Wilson) K5 108
  2. ウィルソン(Wilson) K5 98
  3. ウィルソン(Wilson) SIX ONE LIGHT 102 BLX(シックス・ワン・ライト 102 BLX)
  4. ウィルソン(Wilson) K5 98
  5. ウィルソン(Wilson) Pro Staff 100L
  6. ウィルソン(Wilson) Pro Staff 100LS
  7. ウィルソン(Wilson) Pro Staff 97ULS
で、現在は、ウィルソン(Wilson) Pro Staff 97ULS を使用しています。
このラケットは、ウィルソンの新技術スピンエフェクト(ガット、18X16)採用軽量ラケットです。
宣伝通り、スピン、良くかかります。

当時、最も興味があり、衝動買いしましたのは、Wilson New Model BLX シリーズの内、
ロジャー・フェデラーモデルの、軽量モデル!

でした。

Wilson BLX シリーズ

Wilson 2010 New テニスラケット、BLXシリーズは、N code, K Factor に続く、新素材でのラケットです。

Wilson BLX

新素材に、玄武岩を高熱溶融したファイバー材、バサルトファイバーを使用して、現行モデル素材、カロファイトブラック (Karophite Black)に、織り交ぜて作られています。

K Factor の売りが、パワー + コントロール、に比べて、
BLX は、パワー + コントロール + フィーリング、だそうです。

フィーリングは実際に試打してみないと、分かりませんが、新素材バサルトファイバーの効果で、フィーリング(打感?)が、一段と良くなっているそうです。
出来れば、全モデル試打してみたいですが、私の楽しみは、K Factor 5 の後継モデルの、

と、フェデラーモデルの軽量版、

でした。

ウィルソン(Wilson) SIX ONE LIGHT 102 BLX

SIX ONE LIGHT 102



このラケットは、「今一番衝動買いしたい!」、と言うよりは、試打したい1本です。
新素材バラストBLXの効果が、どこまであるのか、興味深いところです。

しかし、残念なのは、K Factor でのモデルもそうでしたが、トライアド構造ではありません。
同じモデルでの、旧タイプ、K Factor SIX ONE LIGHT を、試打してみました。
決して悪くありませんが、やや、肘への負担を感じました。


購入して、使用しました。

ウィルソン(Wilson) KHAMSIN FIVE BLX 98/108 (カムシン・ファイブ 98/108 BLX)

BLX 5 98 108




現在使用中、K Factor 5 シリーズの後継モデルです。
SIX ONE LIGHT 102 の次に、衝動買いしたいラケットでした。

108は、トライアド構造継承しています。
98は、残念ながら、継承していません。




ウィルソン(Wilson) K5 98

Wilosn K5 98

昨年末に、衝動買いしました。
現在使用中のラケットです。

  • ヘッドサイズの小さなラケットへの興味
  • ヘッドサイズが小さくても、トライアド構造仕様
の2点が、最大理由です。

衝動買いしたい、SIX ONE LIGHT 102 BLX, KHAMSIN FIVE BLX 98 には、残念ながら、トライアド構造仕様は、採用されていません。

詳しくは、管理人ブログ、テニスと肘とテニス肘を、ご覧ください。

打感、サービスが、良くなりました!

  • tennis365.netコメント

  • 面の小さい厚ラケはありそうでなかったジャンルで、振り抜きが良くコントロールとパワーを求める方に最適なラケットです。

    |スポンサードリンク|